10月に読んだ本をまとめました

今月は累犯障害者がダントツで衝撃と読後のショックにより印象強かったです。

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1436ページ
ナイス数:20ナイス

面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます感想
ツキや運をつかもうとしたら、他人にどう思われるかが非常に重要になる。中身より評判の方が大切。なぜならツキや運は人が運んでくるから、だそうです。中身が大事派だったんですけど、評判も大事というのは妙に納得。ツキのある人間と付き合いなさい、と。ツキのある人は付き合ってためになる人と付き合うから、こちらも努力が必要であると。弱点は隠す。感謝すること。こうなりたい、こうなると思い込むこと。ツキの暗示→朝、ツイテいると自分に暗示をかける。夜、ついていた、運があったと暗示をかける
読了日:10月29日 著者:西田文郎

予感力 -人生を決める! なぜか「ツキ続ける人」の習慣術 (East Press Business)予感力 -人生を決める! なぜか「ツキ続ける人」の習慣術 (East Press Business)感想
予感は脳の情報を分析した成果で、そこには論理性も根拠もないが、おおむね正しく、ひらめいた瞬間に結論は出ている。否定的予感はほとんどが刷り込み。予感力を高めるためには、一番やりたいことを考える、なりたい、こうなるをかみにかく、夢を具体的に想像する、実現を疑わない、ひらめきはメモ、人も自分も褒める、笑顔でいる、うまくいっているイメージを、シンプルに考える、マイナス言葉は使わない、身近な人を大事にする、感謝の心をもつ、六方思考、悪いことがあっても切り替える。
読了日:10月27日 著者:西田文郎

累犯障害者 (新潮文庫)累犯障害者 (新潮文庫)感想
累犯障害者 – 今年の私は本気ですhttp://rukakobuta.hatenablog.com/entry/2014/10/15/231331
読了日:10月17日 著者:山本譲司

パリママの24時間  仕事・家族・自分パリママの24時間 仕事・家族・自分感想
フランスには、日本みたいに、母親であるなら〜すべき、っていう脅迫めいたことがあるのかどうかはわからないけれど、あったとしても、なかったとしても、パリのママは良い加減で肩の力が抜けてるな〜と感じました。
読了日:10月10日 著者:中島さおり

ザ・ギフティッド    14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法感想
特に乳幼時期の教育、について知りたくて読みました。ギフティッドってただの天才っていう意味じゃなくて、与えられた能力と才能を社会に還元せよ、ということらしいです。なんとなく日本の教育にはこういう考え方ないよな〜と感じました。前半は翔君本人によるもの、後半はお母様の解説で、後半が特に参考になりました。親が手を変え品を変え、アプローチもよく考えて子どもが興味を持つよう、飽きないよう工夫している点がとても参考になります。忙しいご両親の翔君への関わり方は、真似できる所は真似したい…
読了日:10月4日 著者:大川翔

セクシーに生きる ― 年を重ねるほどに、フランス女性が輝きを増す秘密セクシーに生きる ― 年を重ねるほどに、フランス女性が輝きを増す秘密感想
今の私に足りないのは、料理をたのしむこと、人を招くこと、ボディケアの時間…。
読了日:10月2日 著者:ジェイミー・キャット・キャラン

読書メーター

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告