「子どもを守るために知っておきたいこと」を読んだわよ

こんにちわ たる世間は鬼ばかり

長男を産んだ時に、小児科医の森戸やすみ先生の『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』を読んだんです。
この本で、母親の食事が母乳に直接影響を与えることはない、ということを知りました。甘い物、乳製品、コーヒーなど溺愛している私ですから、母乳育児中でも、安心して適度にこれらの嗜好品を楽しむことができたものです。
今回読んだのは、その森戸やすみ先生も著者として参加されている、「各分野の専門家が伝える子どもを守るために知っておきたいこと」という本。

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと

  • 作者: 宋美玄,姜昌勲,NATROM,森戸やすみ,堀成美,Dr.Koala,猪熊弘子,成田崇信,畝山智香子,松本俊彦,内田良,原田実,菊池誠
  • 出版社/メーカー: 株式会社メタモル出版
  • 発売日: 2016/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

これ読むと、子どもの命がかかってるんだから、信じる信じないはその家庭の勝手、なんて言ってられないですよ。
とくにワクチンの話とかホメオパシーとかね。
トンデモなことって、これ怪しい〜ってビビビッてくる人はいいんだけど、
のめり込んじゃう人はのめり込んじゃうよね。
特に、育児で孤独になりがちなお母さんは、不安に煽られたり、疲労から判断力が鈍ったりして、藁にもすがる思いでトンデモ信者になっちゃう可能性はかなり高いかも。
私は、この本にも書いてある、水からの伝言(結晶を作る時に、良い言葉、たとえばありがとうとか、をかけた結晶は、悪い言葉、たとえば馬鹿とか、をかけた水のそれより美しいってやつ)については、私もへぇ〜そんなことあるの、じゃ子どもにも良い言葉がけで育てなきゃな〜、って信じちゃってましたからね。
のめり込む前に、
自分が今支持するこの理論に対抗する理論ってのもまず知っておかなきゃ。
それから、信者になる、ならないを判断されても遅くない。
子どもの命を落としてからじゃ、遅すぎです。
個人的に非常に興味深かったのは、
今の教育の現場では、誕生学ってのが道徳の授業で教えられてるってことと、その問題点。
あと1/2成人式が行われてるってことと、その問題点
教育が暴力になっちゃってる部分もあるようで、恐ろしくなった。教育って万人のためのものではなかったのか…
こちらの本、妊娠中や出産したばかりのお母さん、お父さんに大変オススメ!

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと

  • 作者: 宋美玄,姜昌勲,NATROM,森戸やすみ,堀成美,Dr.Koala,猪熊弘子,成田崇信,畝山智香子,松本俊彦,内田良,原田実,菊池誠
  • 出版社/メーカー: 株式会社メタモル出版
  • 発売日: 2016/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

あと森戸先生のこちらもオススメ。

小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK‐間違った助言や迷信に悩まされないために

小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK‐間違った助言や迷信に悩まされないために

  • 作者: 森戸やすみ
  • 出版社/メーカー: メタモル出版
  • 発売日: 2012/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 30回
  • この商品を含むブログを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告