本好きな私が正月休みにおすすめしたい2017年に読んだ本ベスト3

2017年に読んだ本ベスト3を正月休みに読みたい本に、独断と偏見で選びました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

本好きな私がおすすめしたい正月休みに読みたい本ベスト3

こんにちわっつあっぷ。

2017年はここ数年で一番本を読めなかった年ではなかろうか。

来年も読書にあまり時間を割けないような気がするので、無駄に面白くない本はドンドン途中で読むのをやめていこうと思っています。

それではいってみましょー。

第3位 トヨトミの野望

架空の人物なんだけど、ちょいちょい某自動車会社思わせるところが、実は限りなく事実に近いのかな〜なんて思いながら読みました。

山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」を思わせるような小説だったな。

トヨトミの野望by梶山三郎を読んだわよ
小説巨大自動車企業 「トヨトミの野望 」by梶山三郎を読みました。 某日本を代表する愛知県にある自動車メーカー トヨ◯を彷彿とさせるお話で...

第2位 時間がないからなんでもできる

この本を読んで、自分の時間を作り出すためなら、ためらわずに人に手を借りよう、と思えた一冊でした。

自分の担当する家事の配分を減らすために、旦那にやってもらうことを増やす、のではなくて、機械に手を借りるとか、人に手を借りるなどして、自分のやることの総量を減らしていくこと、がキモだとこの本が教えてくれました。

時間がないからなんでもできる! by 吉田穂波 を読んだわよ。
時間がないからやりたいことができない!!と子育てしながら仕事をすることに若干の限界を感じていた時に、実に励まされる本に出会いました。 時間...

第1位 騎士団長殺し

これを読んでいる間は、続きが読みたくて読みたくて堪らない時間を過ごしました。

小説の世界にのめり込み、楽しいひと時が過ごせましたので、ベストワンにしました!

『騎士団長殺し』by村上春樹を読んだ感想(ネタバレなし)
村上春樹さんの『騎士団長殺し』を読み終えました。 通訳案内士の勉強中は読むのを控えていて、それが辛かった、というくらいにはハマった作品...

お休み取れる人は最大11連休になる、この年末年始。

是非読書を楽しんでみてくださいね!

本のチェックはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする