子どもの成長に目がしらを2度熱くした日

今日は冷たい雨が1日中続いていましたね。

加えて気温も低く、なんとも心細くなるようなお天気でした。

前回の雨の中無理やり自転車で公文に行き、疲れ果てた教訓を活かし、今日の公文はタクシーで行きました。わっはっは、セレブだろ〜。(すみません、調子乗りました)

帰りは、タクシーいないね〜と歩くうちに家まで着きました。

公文の教室からうちまで、結構な距離があるのに、途中、寒い、と言ったものの、抱っこと甘えるわけでもなく、

何やらブツブツ独り言を言ったり、

歌ったりしながら、

傘をさし、歩く息子の姿に目がしらが熱くなったものです。

何より、きちんと傘をさせていることが一番の成長ポイント!

これまでは、傘は大抵顔の前で、頭びしょ濡れパターンが主でしたからね。

成長したなぁ。

下の子をあやすようなこともしてくれたり、

下の子の歯を磨いてあげたり、

私がご飯の支度やらしていると、お母さんたくさん働いてるねぇ、なんて上から目線で応援(?応援なのか?)してくれたり、

頼もしい兄貴です。

息子のこと、結構おこっちゃったりすることあるんだけど、これらは彼なりに、気を使ってくれている部分もあるんだろうな、と思うと…また目がしらが熱くなります。

息子に優しくしてあげなくちゃなぁ…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告