子育てにまつわる弱音みたいなこと

娘は、1歳と3ヶ月になろうとしていますが、

まだ授乳していますし、

夜中も度々夜泣きします。

娘より歳下の子が、卒乳し、夜泣きもしなくなったと聞き、

羨ましく思う自分がおります。

特に夜泣きについては、結構辛いものがありまして。

子どもが寝静まった後に、「さぁ、自分1人の時間を楽しんでしまおう!」と何かやろうとすると、ビーっと泣きだすんですよね。

たとえば、

手帳を開いて自分の時間の使い方について考えたりだとか、

本を読むとか、

部屋の片付けとか、

英語の勉強もしなければならない、

嵐も聞かなければならない(??)

こういうことを、やりたいんですよね、誰にも邪魔されずに。

で、また寝かしつけにいって15分から30分、時間を持っていかれて、また起きて自分のことやろうなんて気力は既に萎え、そのままもう寝てしまおうという気になってしまうんです。

なんで夜泣きってするんでしょうね。

ご飯を満足いくほど食べさせられていないのでしょうか。

はたまた、娘の個性、なのでしょうか。

息子は3歳になってやっと夜泣きをしなくなったように記憶しています。

娘もそれくらいまで夜泣きするとして、あと数年か〜…永遠に続くわけではないんですけどね。

自分のために使える時間が人より少ない(と感じている)ことで、

なんとなく遅れをとってしまっているような気になるんですよね。

何を他人と争ってんだか…。

時間がなくても、

時間がないからこそ、

やりたいことをギュッと絞って、

ガッと集中してやれる、

っていうメリットもあるはずなのに、

なんだかそう考えられない日もあります。

まっ、気を取り直して、また明日から、元気にいきましょか。

ほんなら、おやすみなさい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告