嫌なことや不運が続く時は

愛する人が自分ではない他の誰かに向けた愛を目の当たりにすることと、
息を三分とめること、
あなたはどちらが苦しいですか?
生きていると色んな疑問が湧いてきますねてへ

みなさま、いかがおすごしでしょうか。

なんだか悪いこと、心がザワザワすることが続くなぁ、という日ありません?
そんな話を仲良しのKと話していた時、

K「そういうの、えんがちょした方がいいよ。千と千尋の神隠しに出てくる釜爺がやってるじゃん。」

Kがここで言っているえんがちょのシーンをどうしても思い出せない。
思い出せないながらも、Kに導かれ「えんがちょ」をしました。

えんがちょ、は小学生の頃よくやりました。
汚いものを触ったお友達に向かって、人差し指と中指を交差させて「えんがちょ!」

で、自宅に帰ってDVDを見てみました。
これだね。

えんがちょした日から、うん、なんだか調子いいよねぇ〜音譜

って思ってたんだけど

動画をみて気づいたはっ
えんがちょしたのはKの方で、私はえんがちょしてあげた方だ…!

「えんがちょしたし大丈夫」という思い込みが「調子の良さ」を引き寄せてたのかな。
思い込みの大事さを痛感しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告