脂肪を燃やすには血糖値を急激にあげないことが大事みたい

みなさま、いかがおすごしですか。

どうやら脂肪をそぎ落とすには、
血糖値に注目した方がいいらしい。

瀬戸内、竹内、血糖値。
(瀬戸内にも竹内にも意味はない)

なんでも血糖値が急にあがるとインシュリンが緊急事態発生!っつって
血液中の糖を取り除くように細胞に命令を出すんですって。

そうすると、直近に摂った炭水化物や糖を優先して使うから、
体内に蓄積された脂肪は使われない。
つまり!取り去りたい脂肪はそのままぬくぬくとステイすることになる。
さらに!直近に摂った炭水化物や糖でも使いきれなかった分を、
次の緊急事態に備えて貯めてしまう!!!

なんて日だ!
インリンオブジョイトイ…じゃなくてインシュリンめ!
インシュリンを注射で打つ必要のある病気の方もいますよね。
その方にとっては大切なインシュリンです。

脂肪を燃焼したいなら血糖値を急激に上げたりしないように
安定させなさい、というのが最優先みたい。

では。どうしたら。血糖値の上がり下がりがゆるくなるのか。
これは噂なんですけど、

1.運動前に炭水化物食や糖分を過剰に摂らない。

2.バランスの良い食事を心がける。
一説によると、炭水化物:たんぱく質:脂質を4:3:3で摂ると
バランスが摂れていると言えるみたい。

3.間食で空腹状態をあまり作らない。
お腹が劇的にすいた状態で炭水化物、たとえばご飯とかパンとか
食べるとそれこそ血糖値が上がってしまうので、これを極力抑える
ために、なるべくお腹がすいている状態を作らない。

なるほど、食事の仕方にはあまり気を使ってこなかった。
朝お腹が空けば、コンビニに売ってる100円くらいのパウンドケーキあるじゃん、
あれを朝食代わりに摂ったりすることもあったなぁ。
良くないのね。

甘いものも別に食べちゃいけないわけじゃなくて、
ランチ時に食べればいいんだよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告