生クリームかける優しさは弱さ

こんにちは、メゾンカイザーのパンにぞっこんラブのるかこです、ごきげんよう。

今ね、電車の中なんですけど、

昔の会社で一緒だった人が目の前に立ってるんですよね。
名前が思い出せませんし、あまり親しくもなかったので、声をかけることはしませんが…。
さて、昨夜、旦那は帰ってこず、朝帰ってきました。
朝子どもに起こされるまで爆睡していて、帰ってきていないことすらスルーしていましたが…。
最近の旦那は仕事にプライベートに忙しく、こちらが心配してしまうほどです。
そういえば、今目の前に立っている名前の思い出せない元同僚も、旦那と同じ会社にいて、心を病んでしまい、その会社を辞めたんだったけな…
私ばっかり夜の子どもの寝かしつけ!ふんがー!
私ばっかり子どもを風呂にいれてるよ!がおー!
ぼへー、ぬおー!ぎゃー!ストレスだー!生クリームしこたま食ってやる!うわー!うおー!お腹壊した!ストレスのせいだ!!!ぎーぇーーーーーーっ!生クリームよこせ!生クリームよこせ!!出せないならアイスだこらー!
心を取り乱すことが最近多ございましたが、
旦那のプライベートがひと段落するまで、No redundancyのつもりでいるしかないのかな…
なにより彼に今倒れられては困るので、子育てへの関与については、甘く見守ろうかな…
なーーーーーーんて、考えた……
んだけどさー、どうなのこれ、お人好しな感じなの?!こういう生温い優しさが今の日本の男尊女卑文化を支えちゃってる気がしないでもなくない?ねー、なくない?
私はよく優しいと言われるけれど、優しいというのは時に命取りになる弱さでもある気がして↑上述のような理由で、決していい気分はしないんですよね。強い人は優しいっていうけど、よくわかりませんね、そのロジックはぶっちゃけね。
それでは、ごきげんよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告