それでも食べたいから、自分を許す日を決める【珈琲と小麦粉断ちの記録】

ふとした瞬間に、バターの芳醇な香りの記憶が、鼻の奥をよぎります。

あぁ、こんがり焼いた6枚切りのトーストに、バターを乗せて、溶かして食べたい・・・。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

それでも食べたいから、自分を許す日を決める【珈琲と小麦粉断ちの記録】

たまには、自分におやつを食べたいだけ許す日を設定したい。

そこで箱を買って、そこに”自分を許す日に食べるおやつ”をためていくことにした。

その名も、「夢いっぱい砂糖もいっぱい玉手箱」

食べるのを一瞬ためらうこのネーミング、最高じゃない?

この「砂糖いっぱい玉手箱」(おい、夢いっぱい、はどこいった)に入場できるラッキーなお菓子の基準は、

「リバウンドのリスクを負ってでも食べたい美味しいお菓子」

であること。

つまり、ばかうけ、とかガーナチョコレートといった2軍は入れないってわけです。(えらそうにすみません)

この口内炎が治ったら、食べるんだぁあああああ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう