フィリピン語学留学5日目

たらーん。ついに終わってしまいました、フィリピン語学留学。5日間、ほんとあっという間。やっとノッてきたところに帰国、まさにそんな感じ。
2週間はいたいところだな・・・。
ちなみに私が通っていたフィリピンの語学学校は、サウスピーク、というところです。

今日はレッスンについて書いてみようかしら。

発音矯正レッスン
50分1コマで、フォニックスという日本で出版されている教科書を使って、フィリピン人講師と1対1で発音の矯正をしてもらいます。
発音の練習って、1人でやると単調でつまらないし、何より自分の出している音が本当にこれでいいの?ってこともあると思います。このマンツーマンは忍耐強い講師と一緒に口の形や音の出し方を学びます。(アメリカンイングリッシュの発音です。)何が良かったって、自分の弱い発音に忍耐強く付き合ってくれる講師の存在、口の形や舌の位置、息の出し方を直接みて指導してくれるところ。講師たちの発音もとても綺麗だしね。さすがこの学校が誇るレッスンだけあって、感動した。昔発音のレッスンを受けたことがあるけど、随分自己流になっちゃってたし、あの時はマンツーマンじゃなかったからな・・・再び受けられて良かったな。

ピーキング対策① TOEIC SWテストのスピーキング対策レッスン
ピーキング力を高めたかったので、TOEIC SWテストのスピーキングパートを使ってレッスンしました。これもマンツーマンで、1問ずつ実際のテスト形式で講師と進めていきます。これも本当楽しかった、その場で講師がダメだし、あるいはOKくれて、俄然やる気でるよね〜。これはこういう別の言い回しもあるよ、なども指導してくれます。

 

ピーキング対策② グループレッスン
同じレベルの人3人1グループで行います。こちらもTOEIC SWテストのスピーキングパートを使ってレッスン。写真描写、パラフレージング、イディオムを使って瞬間英作文を。これも本当楽しかったな〜。

レッスン以外で英語を話す機会ですが、講師と一緒にランチをしながら、10分休憩の時、などあります。が、やっぱり欧州、米州に行くのと比べると劇的に少ないかもな〜。一応街中のコーヒーショップの人も英語は話せるみたいだけど、スーパーの人はセブワノ語(だと思う多分)しか話してくれなかった。

余談だけど、私のレッスンを受け持ってくれた講師3人は本当に素晴らしい子たちで、私よりぜんっぜん年下なんだけど、なんかもうこっちがダメダメで恥ずかしくなるくらい、きちんと丁寧に忍耐強くレッスンを進めてくれます。そしてかわいいんですよ、ほんと(笑)サウスピークの講師はみんなTOEIC900点以上なんだよ、すごいよね、やばいよ。

余談の余談だけど、これらのレッスンを進めていく上で、自分の課題がいくつか見つかりました。こちらでレッスンを受けなければ気がつけなかった部分だと思います。
たとえば、
英語を発音するための顎の筋肉が正しく動かない(要ストレッチ)
英語を発音するための息を正しく出せない(要腹筋、腹式呼吸の練習かな?)
英語を発音するために正しく力を抜けない(要リラックスの練習)
英語を話すための型が少ない(英文をもっと読む、できれば本)
こんな感じね。

夕方の卒業式の後には、仲間と飲みに行きました。頼んだビールはこないわ、ぬるいわ、で、日本のホスピタリティが異常なんだな、って思いましたとさ。このGW期間中はやはり会社員の方が多くいらっしゃってたみたい。妻と子供を置いてきたお父さんたち、奥さんをおいて、旦那さんを置いて、旦那と子供を置いて(これは私オンリー)、無理やり休みを取って、などなど、いろいろな人と話ができて、楽しかったよ!

また時間が取れたら来たいな〜、って思うくらいには満足しているよ^^

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

 

souspeak.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告