2017年通訳案内士試験 受けてきました まずは感想

2017年の通訳案内士試験、青山学院大学で受けてきました。

初めての通訳案内士試験…結果は11月9日にわかります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

2017年通訳案内士試験 受けてきました まずは感想

こんにちわじまぬり〜。

2013年頃から通訳案内士試験受けようかな〜とモヤモヤしていた私ですが、今年重い腰をあげて受けてきました。

いや〜、これちゃんと勉強してたら取れてたやろ〜って問題が沢山出てて、やっぱり勉強不足を痛感いたしました。

まだ合格してるかどうかもわからないので、あれこれ書くのはやめておきます。

ただ、過去問と比べると今年の問題は素直でストレートな割と簡単な方だったのではないかな、と思います。(まだ合否がわかってないくせによく言うよ笑)

まぁ、たとえ不合格だったとしても、またチャレンジすればいい…かな。…。

通訳案内士の勉強、地理、歴史、一般常識、結構楽しめたので、また来年勉強することになっても、まぁいいかな…。

それにしても、です

通訳案内士って、外国語を使って外国人に観光案内をして対価をもらっていい、という資格なんです。

しかし、2020年のオリンピックに向け、その絶対数が足りないとのことで、無資格ガイドでも対価をもらってガイドしてよいよ〜、ということになったんですよ。

それなのにわざわざ、11,700円の受験料を払って、通訳案内士の資格を取ろうとして、私はどうしようとしているのか。

資格を取った暁には、本当にこの資格を活かしてなにかするのか。

色んなこと考えてしまいます。

まぁ、11/9に来る結果を待つとします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする