ビタミンアカデミーの作り置き教室で料理に対する思い込みが砕け散った話

分子栄養学カウンセラーのまごめじゅんこさん主催のビタミンアカデミーが開催した作り置き料理教室に行って来ました。(随分前なのですが)

その時、私の中の思い込みがパーっと砕け散ったのであります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ビタミンアカデミーの作り置き教室で料理に対する思い込みが砕け散った話

こんにちわっつあっぷ。

私、料理って、手の込んだものをチャチャーっと楽しく作れる手際良さを女なら持ってないといけなくて、

それが出来ない私は、ダメなやつなんだと思ってたんですよ。

料理をするとほんと疲れて、何が楽しいかも全くわからなくて、できることなら食べることだけしていたいっていう私は、本当にいけてないやつなんだと思ってたんです。

人には向き不向きがあるって頭でわかってるのに、自分は料理に不向きだとは考えが及ばなかった。

でも、この作り置き教室でまごめさんがおっしゃったある言葉に、

ドンガラガッシャーン!

って私のこの思い込みが砕け散ったんですよね。

料理は疲れる

その言葉が、

料理って本当に大変なこと。キッチンって、換気扇の音がうるさいし、熱いし、相当疲れる大仕事なんだ、

っていうものだった。(一字一句同じなわけじゃないけど、こんなことだったの)

だからどんだけ手抜きして楽に料理できるかが大事、って続いておっしゃった。

なーんだ、料理って疲れる仕事なんだ、手抜いていいんだ、って、ホッとした自分がいた。

シンプルな手抜き調理法

まごめさんが教えてくれた料理は、どれも覚えられるシンプルなもの。

仕事で疲れて帰ってきて、料理本見ながら、誰が料理できるってんだ、ってことで、料理の工程を究極に減らしてある。

この日作ったのは、7種類プラスとうもろこしご飯、の以下8品。

  • 牛肉と季節野菜のオイスターソース炒め
  • エスニックガーリックシュリンプ
  • チキンスペアリブのグリル
  • 豚肉と豆苗のお浸し柚子胡椒風味
  • 新にんじんのキンピラ
  • 蕪の漬物風サラダ
  •  お味噌汁
  • とうもろこしご飯

一応、お弁当用の作り置き、ってことだったので、作ったものをお弁当箱に詰めて。

よく作るのが、豚肉と豆苗のお浸し柚子胡椒風味。すごく簡単。鍋に掛けてほっとけばいいんだもん、ほんとラクチンしかも美味しい。

次によく作るのが、牛肉と季節野菜のオイスターソース炒め。舞茸を入れて作るのがお気に入り。舞茸のエキスがお肉を柔らかくしてくれるんだとか。

料理の楽しさ、いつかわかる日がくるといいけど、それまではいかに楽するか、でもいいかなって思えるようになって、ほんとよかった。

ビタミンアカデミーのチェックはこちらから

栄養療法・分子栄養学に基づいた身体のケアとアンチエイジング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする