マリー・アントワネット

を見てきた。

キルスティン・ダンストが好きで、また映画の宣伝で惹かれたのも
あったので見てきました。

フランシス・コッポラ監督が、「ありきたりな歴史的超大作にするつもり
はなかった。マリーの視線で作りたかった」とコメントしているように、
マリーが感じたであろうことが切々と伝わってきたと感じたのでした。

彼女の感じた、戸惑いや、切なさや喜び、プレッシャー、そして悔しさ。
すべて手に取るように感じるのです。

そして、なによりも!
映像と音楽です!!!

映像が本当にきれい。個人的には特に、「ピンク」と「ブルー」が
熱かった!あんなにきれいなピンクとブルーって!!
そ・し・て、音楽。Rockですよ、かーなーり!熱い!!
サントラ欲しくなっちゃったくらい☆

物語の終わりは、なんとなく唐突です(と私は感じた。)ので、そこらへんで
不完全燃焼に終わる人も多いかもしれない。

ついでにいいますと、
キルスティン・ダンストのお尻もきれいだった☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告