【旅行記】 Vacances de l'été

フランス語はさっぱりわからんが、タイトルはかっこつけてフランス語でうまい!

7月に夏休みをとって、おフランスいってきました飛行機
ボンジュールフゴフゴフゴメルシーハート達(複数ハート)

モンサンミシェルヴェルサイユとパリexclamation ×2
この3か所で私の胸は破裂しました。
胸がいくつあっても足りねー。

電球モンサンミシェル
blog_import_4e3d33fd126dc.jpg

昨年あたりから妙に気になる存在に・・・
見えてきたときの興奮といったら指でOK

地平線上にプカリとあらわれるそのたたずまいは、まるでモナリザのようだと思いました。
(実物のモナリザをこの時点では見ていないのですけどあせあせ(飛び散る汗)
いつも写真で見ていた景色を自分の目で見てるんだと思うと、胸が熱くなった。
遠くから眺めるのがいいかも。

電球ヴェルサイユ宮殿
blog_import_4e3d33fbbad19.jpg
♪キンキラキンにさりげなく、そいつが俺のやり方〜♪ばりに堂々とおわしたぴかぴか(新しい)
ここであのわがまま王妃は・・・と、マリーアントワネットに思いをはせてみました。
彼女・・・悲劇のヒロインかもしれないけど・・、ちょっとKYだよね・・・・。
すみません。
Ladureeが入っていて、ヴェルサイユでしか買えない商品がありましたよ。
バラのお花の形をしたチョコレートの詰め合わせでした。
買いませんでしたけど。
宮殿は観光客でごった返していて、ゆっくり見れなかったの。
これだけが心残り。ほんとイライラしたむかっ(怒り)
だって、私、ここに来たくて来たくて仕方なかったのに!!
お庭もプチトリアノンもあのお池も、田舎もちゃんと見てないのむかっ(怒り)むかっ(怒り)
だから、私は必ずもう一度行くのだ!!

電球パリ
blog_import_4e3d33fe85c3e.jpg

その街並みの美しさといったら、ため息。
歴史の重みがそのまま空気となって漂ってる。
(えexclamation & questionただくもり空だったからじゃないのって・・?え?)
なんであんなに街並みがきれいなんだろう。
路駐とかあるし、糞はおちてるし、石畳がでこぼこだけど、気にならなかった。
通りには一つ一つ名前がついていて、地図さえあれば、迷子には決してならない。
お目当てのレストランも迷うことなくたどりつけましたよ。
凱旋門からの夜景を写真におさめたかったんだけど、あいにく夏でして、日没が22:30とかで…
暗くなるまで待てねっつの。
だから、私は必ずもう一度行くのだ!!

だから、私は必ずもう一度行くのだ!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告