フレンチに思うこと

いつも倍返しされる。

みなさま、いかがおすごしですか?

フレンチは本来の食事のあり方を思いださせてくれる。

こちらアミューズ

photo:01


前菜
かわはぎの肝和えにマッシュルーム

photo:02


前菜
シイタケがお肉みたいだった。
ブイヨンが目の覚めるようなコク。
半熟の卵を崩すのは中盤で。
友人の食べていたフォアグラが素晴らしい様子だった。

photo:03


本日の鮮魚 ふぐ。
ふかふか〜。
友人の食べていたランプ肉も素敵だった。

photo:04


グラニテ。甘酸っぱいお口直し。

photo:05


デザートのパリブレスト
奥は小さなお菓子たち。

photo:06


白米にまみれていないし、
小麦粉にもまみれてもいない。
ゆっくり時間をかけて
会話を楽しみながら、
お腹は満足。

これぞ本来の食事のあり方…原点では…と思いました。

ワインも美味しそうだったな。

膝掛けを貸してくれたり、
デカフェのコーヒーにしてくれたり、
妊婦にもお気遣いいただき、
とても良い時間を過ごすことができました。

こちらは、
麻布十番のビストラン エレネスクさんです。
地下鉄麻布十番駅1番出口から徒歩2-3分。
予約していくことをお勧めします!
(7時半頃には満席でした。)

iPhoneからの投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告