御堀堂のういろう

今日、とても感動したのです。

何に感動したか。

山口県御堀堂外郎(ういろう)です。

ういろうといえば、名古屋、そしてあまりおいしくない、というイメージしかなかったのです。(ごめんなさい。)
今日食べた御堀堂のういろうには感動した。
しっとり、そしてもっちもちの食感、甘さ控えめの上品なお・あ・じ。
一口いただき、心の中で松田優作(なんじゃこりゃぁああ)。
多分、商品のパッケージの仕方も関係しているんでしょうね、蒸したてを真空パックにしているそうで、
蒸したてをいただいているのとさほど変わらないのかな。フレッシュだから美味しいのかも。
f:id:rukakobuta:20141009180918j:plain

会社の人が教えてくれたのですが、名古屋のういろうは米粉が主な原料で、
山口のういろうは、わらびの粉から作るらしい。だからわらび餅のようなもっちもちな食感なんでしょうね。
ういろうにも色々あるんだ~と勉強になりました。

ちなみに、山口のういろうは、英語で説明すると、
A traditional Japanese steamed cake made of bracken(わらび) starch(でんぷん)and sugar.
It is similar to mochi.
だそうです。(Wikipediaより)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告