東京でも買える!広島県因島(いんのしま)名物 「はっさく大福」

スポンサーリンク

甘酸っぱいはっさくの果肉を白あんとお餅で包んだ、広島県因島名物の「はっさく大福」を君は知っているか?!広島に行かなくても、東京銀座の広島ブランドショップTau(アンテナショップ)で購入できますよ!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

東京でも買える!広島県因島(いんのしま)名物 「はっさく大福」

2017年最新のはっさく大福情報についてはこちらの記事もどうぞ

はっさく大福の販売が東京銀座の広島ブランドショップで始まりました
はっさく大福の季節は、10月から翌年8月、と言われています。 品薄になる夏がおわり、はっさく大福の販売が東京でも始まりました! はっ...

こんにちわっつあっぷップップッー。

自分の地元ではないのですが、実は結構広島びいきだったりするのです、私。
焼きそばの入ったお好み焼きは美味しいし、もみじまんじゅうも美味しいし、大好きなポルノグラフィティの出身地だし!

そして、なんといっても、「はっさく大福」が美味しいし〜!

その「はっさく大福」とやらはこちら↓ 1個185円(税込)

因島 はっさく屋、のものが元祖「はっさく大福」です。はっさく屋さんの通販で買うと、1個160円(税込)のようですね。

1941年創業、元祖はっさく大福の餅屋「もち菓子のかしはら」です。因島はっさく屋・尾道昇福亭の師匠・柏原伸一のお店。はっさく発祥の地因島田熊町から広島市へ引っ越してきました。

中にははっさくの果肉がゴロリ。このみずみずしい果肉の歯ごたえある食感と白あんとお餅の柔らかい食感のコラボレーションがたまらない。
はっさくのほんのりした酸味と苦味が、白あんの甘さに包まれて、爽やかさを訴えてきますよ。本当に美味しい。

販売期間

「はっさく大福」は、10月から8月が販売期間だそうです。5月の初めに広島ブランドショップに行ってみたら、山積みになって販売されていましたよ。私の他にも手に取るお客さんがたくさんいました。やっぱり人気なのかな。美味しいもんね!

購入は東京銀座広島ブランドショップTauで

東京にいながらにしても、「はっさく大福」は、銀座にある広島ブランドショップTauで購入できますよ。場所はこちら。

関連ランキング:その他 | 銀座一丁目駅京橋駅有楽町駅

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする