台風の日に思ったこと

リスクをとった日。

みなさま、いかがおすごしですか。

悪天候の中、体を張って会社に行く人たちに、違和感を覚えた。

台風みたいな天気の日に外に出るのって、
極端にいったら、
死ぬかもしれないわけだよね。

ぶっ飛んできた看板に頭を打たれるとか、
あまりの豪雨と強風に前がみえず、
車に轢かれるとか。

無事に会社にたどり着けても、
体力を消耗していて、
いつもより仕事がはかどらないとかもあるわけじゃないですか。
あ、ない?そっか。

自分が死んだり、
怪我で長期休暇になったりする方が、
よっぽど迷惑かかったり、
有限な時間とかお金の無駄じゃないかな、って思ったりして。

誰かが無理して頑張っちゃうと、
自分もそうしなきゃ、とか、
あるいは他人にもそこまで要求するとか、
きりがなくて、
きりがないわりには、
何も生まれなかったりするんじゃないかなぁ〜、

明日の午前中はやばそうだから、
会議は午後からにリスケとか、
前日にやれるとこまでやっておくとかしておけばいいのに…

って

きっと甘いのでしょうね、こういう考え方は…。

病院関係者の方はきっとこういうことは難しいんだろうな、って思います。
人の命を預かっているから。

電車も中途半端に動かすくらいなら、
思い切って停めちゃえばいいのにって思ったりもした。そしたらみんな諦めるじゃん。何時間も電車の中に閉じ込められて気分悪くなるとかないじゃん。

まぁ、一つの考え方、わたしはそう思ったよ、ってだけのことです。

iPhoneからの投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告