COMPETENCE

やっぱりすごいなぁ、

と彼女を見ていて思う。

もしかしたら、彼女にしてみれば
いつもの普通のことなので、
“なにがすごいことなの?”と思うことなんだろう。

人にどんどん会いに行くし、
味方をどんどん作るし、
影響力があるし、
台風が発生する場所、のように周りを巻き込む力があるし、
愛されるし、
声が良く通るし、
ストーリーテラーだし、
よく面白いことを思いつくし、
食べ物の写真をとてもおいしそうな角度で撮るし、
努力家であるし、
かわいいし。

私から見た彼女は怖いものなんてなさそうに見えるのに
たまに自信を持てずにいる彼女の横顔を垣間見ることがある。

人は往々にして他人の1番良いところを自分と比べては
それに及ばない、と落ち込む。

そんな話を聞いた。

平均して優等生、を求められる教育を受けてきたからか、
平均以上の部分はひとまず置いて、
平均以下の部分にフォーカスしては、

あれができてない…
これもできてない…
いいとこ全然ない

と必要以上に自分を卑下することは多い。

平均以上にフォーカスして
突き抜けること、

は大人になってやっと学んだことだ。
早いうちからそういうことをやってきている人には
どうしても太刀打ちできない。
時間は平等にして無情だ。

乱暴な言い方かもしれないけれど、

他人を見ていて、
なんでできないんだろう?

と少しイライラする部分は

自分が苦も無くやってのけているけれど、
だからってみんなも苦も無くできるとは限らない、
“特技”

とそんな見方をしてもいいのかもしれない。

自分が全く資産だと思っていないものが
大きな資産だってこともある。

それは絶対に誰にでもあるものなんだろうと思います。

私にも…ね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告