リサイコー

驚いたことがありました。

日本のお金とオーストラリアのお金についてです。

実は月末にオーストラリアに旅行を予定していて、いろいろと事前調査しているのですが。

お金についてのインフォメーションを読んでいた時、それは衝撃でしたねぇ。。。

オーストラリアのお金って、ポリマー(プラスチック製)なんですって。
何が衝撃だったかというと・・・

先日テレビをチラチラ見ていた時に、日本の紙幣の行く末についてやっていたんですよ。
紙って人の手から人の手に渡ると、擦り切れたり、やぶれたり、ぼろぼろになりますよね。紙幣は定期的に日本銀行で検査して、古いものは回収するらしいんですよ。(大体、1万円札の寿命は3〜4年。使用頻度の高い5000円札や1000円札は1〜2年だそうです。)

回収後・・・・・・何になると思います??

トイレットペーパーですよ!!!!!(一部らしいけど)

おい!

一部はトイレットペーパーだけど、その他はリサイクルするには
程遠いんですって。

それに比べて、オーストラリアのお金はプラスチック製で、使用頻度の高いお金の寿命は4年以上。リサイクルも簡単にできるんですって。
導入されたのが1988年ですよ!!!!
日本はいまだに、お金を”尻拭き”として使ってんですよ!!
よっぽどオーストラリアのほうが先進国だと思うのは私だけ?

まぁ、こんな風に「エコ」に興味がある、みたいなこと言っちゃってるけど、
まだまだ知らないことばかり。
オーストラリアではどんな取り組みが浸透しているのか、というのも今回の旅の楽しみになりそうです。

P.S お土産はみなさん、どういうものがうれしいですか?
お菓子とか?調味料とかそういう現地の食料品?文房具とか??
ぬいぐるみ(^^;とか?お酒とか?
お菓子が無難なのでしょうか。。ご意見聞かせて下さいまし。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告