ロマンティックが止まらない

ジュ マペール ショボンヌ。

みなさま、いかがおすごしですか?

月に1度、読書家の友人と集まって、ちょっと変わった
読書感想共有会をしています。

その名も”ロマンティック東京”。
(今笑った人いる?)

コンセプトは、
“小説のようなロマンティックを日常へ取りこむということ。
それはプライベートが幸せになるということ。
そして周りが幸せになるということ。”

毎月課題図書を決めて、それぞれ本を読んで、
決まった日に集まる。

そして、

1)印象に残ったシーンを朗読し、感じたことや考えたことをShareする
2)心にささった会話を朗読し、その理由をShareする
3)ベストキャラクターを発表する
4)実写化するなら…を想定してキャスティングを発表する
5)小説に出てくるシチュエーション、会話等を実生活に取り入れ、
その際のまわりの反応や、感じたこと等をShareする
6)小説に出てきた酒、音楽、食事をリアルに体験し、感じた事などをShareする

ということをやっております。

東京駅のドゥオーモの内側。

photo:01



これがとても興味深い。

他人の世界、

それは、
読んだ友人のであったり、
書いた作家さんのであったり、

を少しだけ共有できるんです。
相手の世界や価値観を少しだけ覗き見できちゃう。

あまり大勢で展開できないのが残念ですが。

元々、村上春樹好きが集まって、春樹さんの小説について
語り合う会をやろう、と発足したのですが、
今では春樹枠を超えつつあります。
今日の課題図書は、夏目漱石の三四郎、でした。

次回の課題図書は、大江健三郎さんの”個人的な体験”です。

春樹さんがノーベル文学賞を取れなかったため、
では、大江さんはなぜ取ったのか、そんなところまで話が及べば
楽しいのかな、なんて思います。

そういえば、読書の秋ですね本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告