1月に読んだ本をまとめました

どうも、細々と生きています。

1月に読んだ本をまとめてみました。
橘玲さんの”小説”は初めて読みました。これまで読んできた本は小難しいというか、私の頭が足りなくて理解が進まないものも多かったのですが、
これは読みやすく、先も気になり、かつ、へーこうやって金持ちは租税を回避してんのか、ってのがわかりやすよ。
おすすめでやんすよ。
すいやせん、嘘つきやした。(いや、この本が面白いっていうのは嘘じゃなくって、すみません、うそ太郎(*)の真似をしたかっただけなんです。)

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:326ページ
ナイス数:19ナイス

永遠の旅行者 (上)

永遠の旅行者 (上)の感想
租税(相続税)回避をテーマにしたストーリー。もっと小難しいかと思ったら、内容はミステリーっぽく、読みやすくて、おまけに面白い!! 読了日:1月1日 著者:橘玲

読書メーター

(*)うそ太郎とは。LIFE!人生に捧げるコント、で星野源が扮する嘘ばっかつくちょっとキモいキャラ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告