突っ張りカーテンレールはうちには不向きだった【汚部屋改造計画】

築17年の賃貸住宅。

押入れの襖を取り払い、カーテンで目隠ししようという試みですが。

勢い勇んで買った突っ張りカーテンレール(0.7~1.1m Sサイズで2,200円、1.5~1.9m Lサイズで3,360円)、うちには合わずに大失敗でした。

結局、100均の突っ張り棒でおさまりそうな雰囲気です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

突っ張りカーテンレールをつけたけど

この突っ張りカーテンレール、耐荷重2キロ。

でも、カーテンをかける前から、突っ張りだけでは非常に心許ない感じ。

すこし引っ張るとズレる。

試しにカーテンかけたら、ずり落ちてきた。

万が一の落下に備えて、両端に釘を打つようおすすめされているのだが、

万が一どころか、釘をしないと落ちる感じです。

釘といっても傷は目立たなそうなもの

釘といっても、非常に細いやつなので、賃貸でも傷はそんなに目立たなそう。

うちではラブリコの接続部分に釘が打てず(もしかしたら打てるかもしれないのだが、試していない)突っ張りカーテンレールの利用を諦めた。

100均の突っ張り棒を投入

こんな感じね。

なんで初めからこうしなかったか、って?

カーテンレールの方が、カーテンの開け閉めがスムーズにいきそうだったからです。

この突っ張り棒スタイルだと、カーテンの開け閉めがすむーずでなさそうだと調べた時に思ったんですよね。

まだ今の時点でカーテンをつけてないのでなんとも…なのですが。

どうなることやら。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする