記憶に残るドラマたち

ぶっちゃけデスノート持ってるでしょ?

みなさま、いかがおすごしですか?

今日は好き放題書いてやる(いつも以上にね)ってんで、
記憶に残るドラマたち、を独断と偏見で書いてみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

Sex and the City

これはもう、ゆるぎない、ピカイチドラマですね。年齢の違うニューヨーク在住の4人の女性が
恋愛、仕事、友情、結婚、不倫、出産…と妥協せずに自分らしい道を探していく、という
バイブルです。バイブル。
シーズン1から6まであって、後半になるほどテーマが重く、
それでも妥協しない、そんな4人の姿が勇気を持たせてくれたり、背中を押してくれたり。
何度見返しても飽きないドラマです。

私の名前はキムサムスン

劇中の音楽が素晴らしい。韓国ドラマにしてはおしゃれな方だと思います。
不細工な年増パティシエがやり手のイケメン実業家と恋に落ちていく…っていう
基本はシンデレラストーリーなんだけど、
何しろコミカルで楽しい。
元気のない時に見ると間違いなく元気のでるドラマ。
とにかくイケメン実業家役のヒョンビンが果てしなくかっこいい。

花より男子

いいですか。これは。女子のためのポルノドラマです。(言い過ぎ)
道明寺役の松本キング、類役の小栗旬、西門役の松田翔太…
どんだけイケメンそろえるんすか、っていう。
道明寺のオレ様ぶりの強引さに萌える…

天国の階段

正直言ってやりすぎな設定なんですけど、なんでかはまっちゃったドラマ。
幼馴染でラブラブだった2人が離れ離れになって、再会する日にチェジウ扮するチョンソが
事故で記憶をなくして、
そこから記憶を戻すまで色々な邪魔が入ったりして、それでもひたすらにチョンソを
愛し続けるクォンサンウ扮するソンジュ。
やっと二人結ばれたと思ったら、チョンソは失明そして…死別…。
毎回毎回ティッシュ箱抱えてみていた、涙なくしては見られないドラマ。
これもね〜、劇中の音楽が素敵なんだよねぇ〜。
思い出すだけで切ないや…。

きみはペット

松潤のペットぶりが半端ない。
あんな強引でかっこよくて、セクシーなペット…いるんでしょうか…
欲しいです。
大人になる寸前の松潤が見れる貴重なドラマ、でもあるかも。

木更津キャッツアイ

男の子っていいなぁ、って唯一思えたドラマ。
仲良し5人組みがビールビールビールって並んで走るとこなんか私仲間に混ぜてほしい。
一見不真面目さ満開のドラマなんだけど、途中オジーが死んじゃうところなんかは
切ない。シュールで笑いがまんべんなくちりばめられているところは尊敬します。
くどかん全開な作品の1つなんではなかろうか。

恋ノチカラ

最終回のふかっちゃんと堤さんのキスシーンのあれ!!!!あのやつ!!!
これ
ふかっちゃんのファッションといい、飲んでるワインといい、食べてるゴディバのアイスといい、おしゃれでキュートで胸が締め付けられちゃうドラマなんですねぇ。
お前といると面白いものがより面白く、おいしいものがよりおいしく、
お前といると楽しいんだよ、なんて素敵な告白!!
あーその後のキスシーンやばいから、見て。お願い、見て。
小田さんの主題歌キラキラもすっごくピッタリ。

スウィートシーズン

ただの不倫ドラマじゃないの。
椎名桔平扮する五嶋部長が部下の松嶋菜々子と不倫するんだけど、
途中で記憶失ったりして、最後には海外赴任でお別れ・・・なんだけど
実は記憶をどこかで取り戻してて、
必ず戻るから待っててのキス…。これも最終回大泣きした私(アホだ)
で、二人は最終的に結ばれる、という結末なんですけど、
もう一度言うけどただの不倫ドラマじゃない。
家族とぶつかる、人間と人間のぶつかり合い。
これは素晴らしいドラマです。
残念ながら、オンエアで使われていたCarole KingのSweet SeasonsはDVDになった段階では
使用されていない。著作権の問題ですかね。これは本当に残念。
この曲に合わせて2人がチークダンス踊るところとかすごく素敵だったのに。

ママはアイドル

ミポリンファンの私においては、これをおいては年譜が作成できません。
私は、三男のしんじくんが面白くて最高と評価します。
このドラマでは長瀬正敏さんがキョンキョンのファン、という設定なのですが、
実際にご結婚された時は驚いたもんです。
室井滋さんのおもしろ演技も忘れられません。

スウィートホーム

お受験ドラマなんですが。家族愛、っていうんですかね。チーム論といいますか。
コミカルに描かれていて、おもしろおかしく壮絶な戦いを見られるのが印象的。
橋爪功さんや野村昭子さんというおじいちゃんおばあちゃん役のアクセントが
緊張感の中のほんわかさを出しています。

沙粧妙子 最後の事件

浅野温子さんですよ、みなさん。
すばらしい刑事ドラマです。恐ろしく切なく無情でやりきれない事件ばかりです。
初回の飯島直子が扮する役が殺害される話は切なすぎて今でも忘れられないです。
浅野温子の演技が不気味です、とても。

ロングバケーション

なんといっても山口智子さん。
地雷踏んだ、とか
あっちょんぶりけ、
キャパシティオーバー、
とか
劇中で使われていた言葉は一通り日常生活で使ったと思います。
このドラマも音楽が印象的。
スーパーボールのシーンが好きかな。
たまーに、あーロンバケ見たい、ってことがある。

こんな感じかな。
昔のドラマ、っていいよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする