【オーストラリア旅行記 その2】ウルルン滞在記 〜るかちんが世界の中心でウルルと出会っ たぁ〜

出発の挨拶記事はこちら。

【オーストラリア旅行記 その1】いざウルルへ
出国審査はかなり厳しいですね。 必要最低限の液体をジップロックにいれて 乾燥対策のマスク 行ってくるねー! ...

(バックミュージックはウルルン滞在記の有名なあの音楽でどうぞ)

当初の予定では、
成田→シドニー→エアーズロック とその日中に着く予定でしたが、
シドニー着の飛行機が遅れたせいで予定より1日送れて到着しました。

成田からシドニーまでは、およそ12時間。(遅れがなければ10時間くらいでつくは
ず)
シドニーからエアーズロックまでは、およそ2時間30分。

エアーズロックには、エアーズロックリゾートといって、宿泊施設やお店が
1つのエリアにまとまっています。空港からリゾートまでは車で15分ほどです。
道中、遠くにウルルが見えると、ドキドキドキドキ。

土は赤く、木や草はまばら。
ガイドさんによると準乾燥気候で、夏は水分補給をしないと命取りになるらしい。
私たちが滞在していた2日間、天気予報はstormかrain。
こんなところでも「嵐」と縁があるなんて、って勝手にニンマリする私。
こんな予報だったので、雨が降っているか曇っているかで、すごしやすく、事前に聞いていたほど、暑くて死にそうではなかったのです。

ホテルにチェックインした後、ウルル・カタジュタ国立公園にいざ。
ちなみに国立公園の入園料は1人$25で、3日間入り放題。
この国立公園内に、ウルルがあります。
ウルルの他にカタジュタ奇岩石群も。

国立公園へはツアーで参加したのですが、参加者のカップル率が多く、

るかちん「カップルが多いね・・」
いもうと「世界の中心で愛でも叫びに来たんじゃない」
るかちん「なるほど」

まずはウルルとカタジュタ奇岩石群の全体像を眺めるということで展望台へ。
バスから降りて、展望台へと登っていくと、大自然の中に悠々と横たわる岩。
思わず「わぁ〜」って、叫びなんだかため息なんだか、声が出てしまいました。

ふと私は考えた。
この景色にマッチする邦楽って何だろう。
1.千の風になって (!)
2.黄砂に吹かれて (・・・)

んー。残念ながら「これだ」っつーのはなかったね。
嵐の唄でも探してみたんだけどね・・。

写真
カタジュタ奇岩石群

ウルル

続きはこちらからどうぞ。

【オーストラリア旅行記 その3】ウルルン滞在記 〜オーバーザレインボー〜
その1とその2はこちらからどうぞ。 展望台からカタジュタとウルルの全貌を見た後、では実際にカタジュタ奇岩郡の麓にという...
【オーストラリア旅行記 その4】ウルルン滞在記 〜エアーズロックの五臓六腑〜
その1とその2、その3はこちらからどうぞ。 クニヤウォークでは、エアーズロックの周りの'一部'を散策しました。...
【オーストラリア旅行記 その5】ウルルン滞在記〜太陽に吠えろ〜
その1とその2、その3、その4はこちらからどうぞ。 エアーズロックのサンセットは、サンセットポイントが...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告