『医者が教える最高の美肌術』小林暁子著を読んだわよ

職場に綺麗な人が多く、これはやばい、と焦っておりまして、本屋で見かけたこちらの本を読んでみました。
それに昔から私はお肌の悩みが尽きない。この悩みが娘に受け継がれないよう、母親としてちょっと勉強も必要かな、という思いもあってからの、読書でございました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

感想とメモ

美肌に大事な2本柱として、

  1. 腸内環境を整えること
  2. ストレスを溜めないこと

ということでございます。手遅れ感もありますが、今からできること、を少しずつ取り入れて参りたい所存です。
直近で取り入れる予定は、2品目発酵食品。ぬか床を作るレッスンに行く予定なので、ぬか漬けと納豆、キムチなどなどで目指せ腸内環境良好化。
あとは、布団にスマホの持ち込み禁止、ですかね。

以下メモです。

  • 血糖値の急上昇は大敵。低GI値の食品を摂ることを心がける。
  • 野菜→タンパク質→炭水化物の順に食べる。
  • 朝は食物繊維が豊富なものを摂る。
  • 酢、レモン、オリーブオイルで抗酸化を。
  • 甘いものはちょこちょこ食べ続けない。おやつタイムで。
  • 菓子パンは食べない。
  • 水を1日1.5-2リットル摂る。
  • 食後に軽い運動を
  • 抗酸化成分を含む食品を撮る。
  • 毎日2品目以上の発酵食品を摂る。
  • 三日間の断食で腸内環境のリセット
  • 動物性・植物性のタンパク質をバランス良く。
  • ネガティブな思考と縁を切る
  • ぬるま湯洗顔
  • 乳液かクリームタイプでメイク落とし
  • ベッドでスマホ禁止

『医者が教える最高の美肌術』小林暁子著のチェックはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする