【感想】『サブスクリプション「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル』ティエン・ツォ著

スポンサーリンク

ティエン・ツォ著の『サブスクリプション』を読みました。

おおげさかもしれないけど、思考のパラダイムシフトしたい人におすすめ・・・かも。

 

なぜ読もうと思ったのか

転活で必要だったので読みました。

読んで良かった点、わかったこと

「サブスクリプション」と「定額サービス」の違いがよく理解できました。

サブスクリプションサービスは、顧客が使えば使うほど、より顧客好みのサービスになっていくサービスです。

顧客の利用状況によっては、ダウングレードや休止、再開を促していくことも顧客にとって価値ある提案となります。

ふ、と思ったのは、顧客を逃がしたくなくて、解約の仕方を必要以上にわかりにくくしているサービスもあるなぁ、ということ。顧客にとっての価値によりフォーカスしているのがサブスクなのかな・・・。

面白い話を聞いたことがありました。日本人は「完璧な製品が売られるべき」と考えている人が多い、という話です。

この著書の中では、サブスクリプションサービスは、「終わりなき開発が続くプロダクト」の誕生であるとも言っていました。顧客に使ってもらって、フィードバックをもらいながら、顧客にとって価値あるサービスに調整していく・・・。

サブスクってすごく素敵なサービスだけど、日本では生まれにくかったりするのかな・・・。

もう一つ印象的だったのは、サブスクには、斜陽産業という概念はなく、考え方、魅せ方次第で必ず顧客はいる、ところ。ちょっとわくわくしました。

この本を読んだ後にすること、したこと

ずっと気になっていた、おやつのサブスク、スナックミーを始めてみました。

届く前の好みの診断や、届いたおやつを評価したり、こんなおやつが食べたいとリクエストしたり、余ったおやつや気に入らないおやつは返品できたり、

自分好みにどう変わっていくのか楽しみ!

そして、サブスクってこんな感じなのかな、ってさらにサブスクへの理解を深められそうです。

スナックミーをはじめてみての感想やその中身を記事にしてみたので、ご興味あるかたは読んでみてくださいね。

【紹介割引あり】スナックミーを頼んだ感想と中身をご紹介
おやつのサブスクリプションサービス、スナックミーを頼んでみました。 随分前から存在は知っていたのですが、1回のお届けで1,980円で、私目には少々高く、ためらっておりました。 が、私はついに、お篭り生活のお供に頼ん...

 

また、こういうサブスクサービスの裏で顧客から集めたこういうデータがどうやって扱われているのか、にも今すごく興味が沸いています。